バイアグラで遅漏に?

バイアグラで遅漏に?

バイアグラで遅漏になるのか


ED治療薬として処方されるバイアグラという薬には、射精するまでの時間が長くなる遅漏効果があるのか気になっている人が多いと言われています。
しかしバイアグラは基本的には遅漏になるような効果はないと考えられているのです。

バイアグラの服用で遅漏にはならない理由


バイアグラに含まれている有効成分のシルデナフィルは、体に吸収されると血管を大きく広げ、血流をよくする作用があり、その作用によって勃起をサポートすることができます。
しかし、あくまでも血流を良くするだけであり、それにプラスして遅漏になるような効果は出ないのです。
そのため基本的にはバイアグラを飲んだからといって、遅漏になるとは考えない方が良いでしょう。

場合によってはバイアグラの服用で遅漏になることもある


基本的にはバイアグラで遅漏になることはありませんが、場合によっては遅漏になることもあるのです。
例えば、バイアグラを飲んだ事によってしっかりと勃起するという安心感や自信がみなぎるなどの精神的にリラックスすることができることによって射精をコントロールすることができるようになることがあります。
またバイアグラを飲み、強い勃起状態を維持することによって、外部からの刺激にも強くなり結果的に遅漏になることもあると言われています。

このようにバイアグラを飲むことによって間接的に遅漏になることもあると言われていますが、これらのケースというのはいずれも科学的な研究などによって証明されているものではありませんので、あくまでもそういったケースもあるという認識でいるだけにしておくとよいでしょう。

バイアグラ以外のED治療薬でも遅漏になるのが確認されたケースもある


ED治療薬にはバイアグラ以外にもシアリスなどがありますが、その中でもレビトラは特に射精を遅らせる効果がある可能性が高いと考えられています。
そのためED治療薬を利用し勃起をさせつつも、遅漏効果を得たいと考えている方は100%遅漏効果があるというわけではありませんが、バイアグラではなく、レビトラを使用することも一つの選択肢として検討すると良いでしょう。
ただしバイアグラやレビトラはどちらも医薬品であるため、個人の判断で勝手に使用する事は絶対にせずに、必ず医師に相談して許可をもらってから服用するようにしてください。