バイアグラと降圧剤は併用できません

バイアグラと降圧剤は併用できません

降圧剤を服用している方はバイアグラの服用禁止


高血圧などの病気を患っていて、普段から降圧剤を服用している方は基本的にバイアグラを服用することは禁止されています。
現在では病院に行かずに個人輸入などでバイアグラを購入することはできますが、降圧剤を服用している方は間違ってもバイアグラを購入して服用してはいけません。

バイアグラと降圧剤の併用が禁止される理由


降圧剤を服用している方にバイアグラの利用が禁止されている理由はお互いの持つ作用が重なっていることにあります。

降圧剤は文字通り血圧を下げる作用のある薬ですが、バイアグラも全身の血管を広げることによって血圧を下げる作用があると言われています。
そのためこの血圧を下げる作用のある2つの薬を同時に服用してしまうと異常値レベルまで血圧が下がってしまい危険な状況に落ちることがあるのです。

具体的にどのような症状が起こるのかというと、めまいや失神、場合によっては死亡してしまうケースもあると言われています。
このように明らかに降圧剤と言うバイアグラの併用は危険なので、禁止されているわけです。

バイアグラ以外のED治療薬も基本的には降圧剤との併用禁止


ED治療薬にはバイアグラ以外にも、レビトラやシアリスなどの種類がありますが、基本的にはどれも降圧剤との併用は禁止されています。
バイアグラと同様に併用してしまうと血圧が非常に下がってしまうことが併用が禁止されている理由となっていますので、バイアグラが禁止されているからといって勝手に他のED治療薬を飲まないようにしましょう。

降圧剤以外にもバイアグラとの併用が禁止されている薬などがある


降圧剤を服用することにより血圧が下がるため、バイアグラとの併用が禁止されていますが、降圧剤外でも併用禁止の薬は数多く存在します。

また併用は禁止されてないものの併用に注意をする必要がある薬などがあります。
例えば、CYP3A4阻害薬などとバイアグラを併用してしまうと阻害薬の方の効果が強く出てしまい体に悪い影響を与えてしまうことがあるので、該当する薬を利用している方はバイアグラとの併用の際には注意をする必要があるのです。

ちなみにバイアグラとの併用が禁止されている薬や注意が必要な薬の種類はどちらも合わせると100種類以上となり、素人では判断できません。
そのためバイアグラを服用したいと考えている方は、日常的に服用している薬を医師に見せてバイアグラとの併用が可能かどうかチェックしてもらうと良いでしょう。