バイアグラと飲酒の影響

バイアグラと飲酒の影響

バイアグラと飲酒の意外な関係性について


ED治療薬でもあるバイアグラを飲む時には飲酒をしている、もしくは飲酒をしなければならないシチュエーションが多いです。
一般的には薬はアルコールなどと一緒に飲んではいけないと言われていますが、実はバイアグラの場合は例外なのです。

バイアグラの有効成分は飲酒に影響を受けない


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが配合されていますが、この成分はお酒に含まれているアルコールには科学的には反応しないようになっています。
そのため、一般的な薬とは違ってバイアグラはアルコールと併用しても問題ないと言われているのです。

また飲酒の影響を受けないどころか、場合によっては良い影響を生み出すこともあります。
例えば性行為時に緊張してしまうと勃起しづらくなるといったような、いわゆる心因性のEDの方であれば、飲酒することにより精神的にリラックスすることができ、結果的にバイアグラの効果をより引き出すことができることもあるのです。

このように飲酒という行為にはバイアグラの服用には悪い影響与えず、むしろ良い影響を与えることがあるので、普段の服用の際には飲酒については特に気にする必要はないと言えるでしょう。

飲酒しすぎてしまうことには注意が必要


飲酒をすることはバイアグラの服用に良い影響を与えることがありますが、泥酔するまで飲み過ぎてしまった場合には話が変わります。

なぜならアルコールを飲みすぎてしまい、異常なレベルにまで酔っ払ってしまうと勃起に必要な神経などが麻痺してしまってバイアグラを飲んだとしてもうまく勃起できなくなってしまうことがあるからです。
またそれだけでなくバイアグラを飲むと血管が大きく広がり酔いが回りやすい状態になるため、飲みすぎてしまうと急性アルコール中毒になってしまう可能性も考えられます。

このように度を超える飲酒の場合にはバイアグラの服用に大きな悪影響を与えることがありますので、確実に効果を得たいのであればあくまでも適度な飲酒をするようにしましょう。

他のED治療薬にはアルコールの影響をより受けづらいものがある


バイアグラの他にも、レビトラやシアリスなどといったED治療薬がありますが、その中でもシアリスはバイアグラよりもさらにアルコールや食事の影響を受けづらい性質を持つと言われています。
そのためバイアグラとお酒を併用して効果が感じられなかったという経験をお持ちの方は専門の病院に行ってシアリスを服用することできないか医師に相談してみると良いでしょう。