バイアグラのジェネリックとは

バイアグラのジェネリックとは

バイアグラのジェネリックについて


バイアグラは2014年の5月に特許が切れたため、国内の製薬会社でも薬のジェネリック医薬品を作り販売することができるようになりました。
そのため現在では気軽に、そして安価にバイアグラのジェネリック薬品をEDに悩む人は利用できるようになっているのです。

バイアグラのジェネリック医薬品の効果


バイアグラのジェネリック薬品は元のバイアグラよりも価格が安いため、中には効果はあまりないのではないかと考えている人も多くいると言われています。
しかしバイアグラのジェネリック医薬品として、作られて販売されている薬は基本的に配合されている有効成分はバイアグラとシルデナフィルであるため、その効果は同じものが期待できるのです。
ただ効果は同じものが期待できると言われてはいますが、ジェネリック薬品の場合、オリジナルのものと同じ製法で作られているわけではありませんので、必ずしも同じような効果の現れ方ができるとは限らないので注意が必要でしょう。

バイアグラのジェネリックの副作用について


バイアグラのジェネリック薬品の副作用については、先ごろ解説した効果と同じく基本的にはオリジナルのバイアグラとほとんど同じです。
具体的には軽い鼻づまりや頭痛、顔のほてりなどがあります。
これらの副作用に関してはオリジナルのバイアグラと同様に、基本的には薬が効いているというサインだと認識していれば良いと言われていますので特に心配する必要はないでしょう。
しかし、万が一これらの副作用が長時間治まらなかったり、あまりにも強く出てしまった時には安全のために早めに病院に行き検査をしてもらうようにしてください。

バイアグラのジェネリックを入手する際の注意点


バイアグラのジェネリック医薬品は現在国内にあるED専門の医療機関などで受診をすれば処方してもらえます。
そしてそういった医療機関等で受診して処方してもらっているのであれば、基本的には安全なのですが、個人輸入でジェネリック医薬品を入手する際には注意してください。
なぜなら海外から個人輸入をする場合には偽物が届いてしまい、最悪のケースでは健康状態に大きなダメージを与えることがあったりするからです。
個人輸入をすれば国内で診察をして処方してもらうよりも費用を抑えることはできますが、それなりにデメリットも存在しますので、個人輸入をする際には慎重に行うようにしましょう。