バイアグラの成分シルデナフィルとは

バイアグラの成分シルデナフィルとは

バイアグラの有効成分シルデナフィルについて


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが配合されています。
これからバイアグラ、もしくはジェネリックのバイアグラを利用する予定のある方は、安全のためにもこの有効成分のシルデナフィルについては事前にしっかりと学んでおくべきでしょう。

バイアグラの成分シルデナフィルは狭心症の薬に使われていた


バイアグラの有効成分シルデナフィルは、初めからED治療を目的として開発された成分ではありません。
実は初めはアメリカで狭心症の治療薬として開発され、研究が行われていたのです。
しかし研究が行われた結果、狭心症の治療薬としての効果は満足するほどのものではなく、研究は途中で止められることになりました。
ところが研究が中止される際に薬の被験者の方から勃起をサポートする効果があると報告があり、今度はその効果を利用して現在のED治療薬が開発されたのです。

バイアグラの成分シルデナフィルの効果や副作用について


シルデナフィルという有効成分は、摂取すると陰茎の周りの血管を大きく広げ、血流をよくする作用が働きます。
その結果、勃起に必要な分の血流が確保されED治療薬としての勃起のサポートの効果が発現するのです。
ただしシルデナフィルの効果はあくまでも勃起のサポートのみであり、性欲を増大させるなどといった効果はありません。
勘違いしている人が多くいると言われていますので注意してください。

またシルデナフィルを体内に取り込むと、勃起をサポートする作用が発現するのと同時にほとんどの方に副作用が現れます。
具体的には9割ほどの方に軽い頭痛や顔のほてり、鼻づまりなどが起こるとされているのです。
ただこれらの副作用については血管が拡張されることによって起きる自然な現象であり、特に大きな健康被害をもたらすものではないので基本的には薬が効いている証拠だと考えておけば良いと言われています。

シルデナフィルの量や薬の併用には注意が必要


バイアグラには種類によって配合されているシルデナフィルの量が変わります。
中には多めにシルデナフィルが配合されているバイアグラを飲んでしまうと、副作用が大きく出てしまい性行為どころではなくなる状況に陥ることもありますので注意が必要です。
また血圧が下がる薬などと併用してしまうと最悪の場合死亡してしまうケースもあると言われていますので、バイアグラを服用する前には必ず医師に利用しても良いか確認をとるようにしましょう。