バイアグラの禁忌

バイアグラの禁忌

バイアグラの禁忌事項について


バイアグラを服用する際には、様々な禁忌事項が存在します。
これらの禁忌事項は破ってしまうと体の健康状態に大きなダメージを与えてしまう可能性がありますので、バイアグラを服用する予定のある方は必ず確認しておきましょう。

バイアグラとの併用が禁忌とされている薬


バイアグラには併用が禁忌とされている薬が数多く存在します。
例えば代表的な禁忌薬としてあるのは高血圧の人によく処方されるニトログリセリンなどが入った降圧剤です。

実はバイアグラは服用することによって体中の血管が大きく広がり、それに伴って血圧が下がるようになっています。
そのため元々血圧が下がるように作られている降圧剤と併用すると過度に血圧が下がってしまい、危険な状況に陥ることが考えられるのです。
そのため、降圧剤を服用している人には基本的にはバイアグラは処方されないようになっていますので、間違っても併用しないように注意してください。

ちなみに降圧剤や他の禁忌とされている薬剤の種類はゆうに100種類を超えます。
医学の知識を持たない人が判断すると間違ってしまう可能性がありますので、併用が可能かどうかは必ず医師に確認をとるようにしましょう。

バイアグラの服用が禁忌とされている人


バイアグラというED治療薬は服用する行為そのものが禁忌とされている人がいます。
例えば、心臓の血管に関連する障害を持っている方や低血圧だと判断された人、過去6ヶ月以内に脳梗塞や心筋梗塞などの症状が起きてしまった人などです。

これらの人はいずれの場合もバイアグラを服用してしまうと健康状態に大きな悪影響を与えてしまうと考えられているため服用そのものが禁忌とされています。
ちなみに服用そのものが禁忌とされている人も薬と同様に個人では判断しづらいため、安全のためにも自分勝手に判断せず、必ず病院に行き医師にチェックしてもらうようにしてください。

バイアグラを個人輸入で購入することは禁忌事項を破りやすいので注意


現在、バイアグラは日本国内で病院に行くことなく海外から個人輸入で購入することができます。
また個人輸入するとバイアグラを比較的安い値段で手に入れることができるといったメリット等もあります。

しかし、個人輸入でバイアグラを購入し利用するということは、個人的な判断となりここまで解説してきたような禁忌事項を破ってしまうリスクもあるのです。

そのため、個人用でバイアグラを購入し利用しようとしている方は可能であれば事前に医者に服用してもいいかどうか相談してみることをお勧めいたします。