バイアグラは個人輸入でも買えます

バイアグラは個人輸入でも買えます

現在では個人輸入でバイアグラを購入することが可能


現在インターネット上にある個人輸入代行業者のサイトを利用すれば、英語を一切使わずにバイアグラを海外から直接輸入することが可能です。
そんな個人輸入という購入方法にはいくつかのメリットがありますが、同時にデメリットも存在しますので、個人輸入をしようと考えている人は事前にそれらについて学んでおくと良いでしょう。

個人輸入でバイアグラを購入するメリット


個人輸入という方法でバイアグラを購入する最大のメリットとも言えるのは、やはり必要な費用を抑えることができるということです。
実はバイアグラを個人輸入すると日本国内にある病院に行き処方してもらうよりも安い価格で購入することができるのです。
具体的にどのくらい安いのかというと日本国内では50mgの有効成分が入ったバイアグラが1錠あたり1500円ほどですが、個人輸入をするとその倍の100mgの有効成分の入ったバイアグラが1500円ほどの価格に設定されています。

またバイアグラを購入するのに必要な費用を抑えられるということ以外にも、購入するためにわざわざ病院に出向く必要がないというメリットも個人輸入という購入方法には存在します。

個人輸入でバイアグラを購入するデメリット


個人輸入という方法でバイアグラを購入するデメリットは大きく分けて2つあります。

1つ目のデメリットは、悪徳業者を利用してしまう可能性があるということです。
個人輸入を代行してくれる業者は数多く存在しますが、その中には残念ながら悪徳業者というものもあります。
そういった業者を利用してしまうと偽物のバイアグラを購入することになってしまったり、商品が届かないというような状況になってしまうことがあるのです。

そしてもう1つのデメリットとしてあるのは、安全にバイアグラを利用することができないことがあるということです。
実はバイアグラの利用には、いくつもの注意点が存在します。
例えば、バイアグラと併用してはいけない薬があったり、併用することが禁止されている病気などがあったりします。

日本国内の病院で処方してもらう時には、基本的に医者がこれらの注意点をチェックしてくれるのですが、個人輸入の場合は自分で判断しなければいけないため、判断を誤ってしまうことがあります。
禁止行為を行ってしまうと健康状態に大きなダメージが出てしまうことがありますので、個人輸入でバイアグラを利用する際には細心の注意を払うようにしましょう。
「2017年現在」

バイアグラの購入方法

バイアグラの購入方法

バイアグラの購入方法にお悩みの方へ


現在日本国内ではバイアグラの購入方法は1つだけではなく、複数の方法があります。
またそれぞれの購入方法においてメリットやデメリットが存在しますので、バイアグラを購入して利用しようと考えている方は事前にそれらの購入方法についてどれが良いのかチェックしておくと良いと考えられます。

最も安全にバイアグラを購入するなら国内のクリニックへ


バイアグラを可能な限り安全に購入したいと考えているのであれば国内にあるクリニックや病院に行き処方してもらうのが最も良い購入方法となります。
なぜなら日本国内にある病院やクリニックであれば、必ず正規品のバイアグラを手に入れることが出来ますし、さらには安全にバイアグラを利用できるかどうか体調や服用している薬などをチェックしてもらうこともできるからです。

また現在では、ED治療薬を処方する専門のクリニックなどが駅前などによくあるため、仕事で忙しい人でも気軽に利用することができるようになっています。

ただし日本国内の病院などでバイアグラを処方してもらうと、場合によってはバイアグラの費用にプラスで診療費など支払う必要が出てくることもありますので、この点に関しては注意が必要です。

なるべく費用を抑えてバイアグラを購入したいなら個人輸入がお勧め


診療費などの費用をなくし、可能な限り安くバイアグラを購入したいのであれば個人輸入がおすすめの購入方法です。
現在では、インターネットの通販サイトの中に海外からバイアグラを直接輸入することを代行してくれる業者が数多く存在しており、そういった業者を利用すれば英語などが使えなくても海外から直接バイアグラを安価に輸入することができるのです。

ちなみに個人輸入ではバイアグラのジェネリックを購入することができるのですが、これを選べば1錠あたりの相場が1500円のバイアグラがわずか300円ほどで利用することができるようになるので、費用を抑えたい方はぜひ一度チェックしてみると良いでしょう。

ただし個人輸入の際には大きなリスクが存在します。

例えば、悪徳業者を利用してしまった場合には偽物のバイアグラが届いてしまったり、もしくは、バイアグラそのものが届かなかったりすることもあると言われているのです。
個人輸入という購入方法にはこのようなデメリットも存在しますので、しっかりとそれらを把握した上で、あなた自身に合う購入方法を選ぶようにしてください。
「2017年現在」

バイアグラの服用で頭痛がでることも

バイアグラの服用で頭痛がでることも

バイアグラの服用で頭痛が出る場合について


ED治療薬のバイアグラを服用すると軽い症状ながらも多くの副作用が出ますが、その中でも最も代表的なものの1つとしてあるのが頭痛です。
案外この頭痛に悩む人は多いと言われていますが、しっかりと頭痛が出る理屈や対処法を学んでおけば安心してバイアグラを利用することができるので、心配な方は利用する前にバイアグラを飲むことによって起こる頭痛について学んでおくとよいでしょう。

バイアグラを飲むことで頭痛が起こる理由


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルというものが入っていますが、この成分は体内に入ると陰部の周辺はもちろんのこと、他にも体全体の血流を良くする作用を発揮します。
そしてそれは当然脳内の血管にも作用しますが、実は脳内の血管が広く拡張されると血管の周りにある細かい神経が圧迫され、それによって軽い頭痛が起こるようになっているのです。
これこそがバイアグラを飲むことで頭痛が副作用として起こってしまう理由となります。

バイアグラを飲んで頭痛が出た時の対処法は?


バイアグラを飲んで頭痛が出てしまった時の対処法は基本的に2つ考えられます。

1つ目の対処法はシルデナフィルの配合量が少ないバイアグラを飲むようにするという方法です。
有効成分が少ないバイアグラを飲めば、それだけ血管拡張作用が抑えられ、それによって物などといった副作用も同時に抑えられると考えられているため、この方法は非常に有効だと言われています。

2つ目の対処法としてあるのは頭痛薬を飲むという方法です。
実はバイアグラを飲むことで起こる頭痛にもロキソニンなどといった代表的な頭痛薬は効果を発揮すると言われています。

実際にED治療薬を処方するようなクリニックでもこのような副作用のため治療薬と同時にロキソニンなどを処方するところがあるほどですので、1つの対処法としては考える価値は十分にあると言えます。

ちなみに頭痛薬を飲む際にはバイアグラと同時に飲むのが1番良い方法だと言われていますが、ロキソニンなどの頭痛薬は胃に対して強い刺激を与えてしまうことがあるため胃が弱い人などは服用の際に注意を払う必要があるでしょう。

基本的にはこの2つの対処方法をとれば、頭痛という副作用を抑えることができることが多いのですが、場合によっては頭痛がまったく収まらないということも考えられます。
そういった際には無理に我慢せずに、安全のためにも念のため病院に行き検査を受けるようにすることをお勧めいたします。

バイアグラの効果時間は?

バイアグラの効果時間は?

バイアグラの効果が出るまでの時間や持続される時間


バイアグラは勃起をサポートする効果があるということはよく知られていますが、一方でその効果が発現されるまでの時間や持続できる時間についてはあまり知られていません。
これらの時間について知るとバイアグラをより効果的に使うことができるようになりますので、これからバイアグラを活用しようと考えている方はぜひチェックしておくことをお勧めいたします。

バイアグラの効果が現れるまでの時間について


バイアグラの有効成分でもあるシルデナフィルは、効果が現れるまでの時間は人によって変わってきますが、基本的には1時間ほどで十分な効果が表れると言われています。
また完全な空腹状態でバイアグラを服用すれば、早い人であれば30分ほどで効果を感じることができることもあります。

ただし、バイアグラを服用する際にお腹の中に前回食べた食物が残っていると有効成分の吸収が阻害されてしまい、効果が現れるまでの時間が1時間以上かかってしまったり、効果が現れたとしても本来のものよりも少なかったりすることがあります。
そのため目安でもある1時間後に最大の効果を得るためには、可能な限り空腹状態でバイアグラを服用することをお勧めいたします。

ちなみにバイアグラの成分が吸収された後であれば食事をすることは可能ですので、どうしても性行為の前に食事をしなければならないという場合にはバイアグラをまず空腹時に飲み、それから、最低でも30分以上の時間を空けてから食事をとるようにすると良いでしょう。

バイアグラの効果が持続される時間について


バイアグラを完全な空腹状態で服用した場合、効果が効き始める1時間後からスタートして、効果が持続されるのは4時間から5時間ほどと言われています。
この4時間から5時間ほどの間であれば、追加でバイアグラを飲むことなくその効果を連続で利用することができます。
またこの効果の持続時間についても、効果が現れるまでの時間と同じく食事がお腹の中に残った状態で服用すると短くなると言われていますので注意が必要となります。

ちなみにバイアグラを飲んでいる人の中には性欲なども増強され興奮できるようになると考えている人もいますが、バイアグラを飲むことで得られる効果はあくまでも勃起という状態を作りやすくするだけなので、勘違いしないようにしましょう。

バイアグラの禁忌

バイアグラの禁忌

バイアグラの禁忌事項について


バイアグラを服用する際には、様々な禁忌事項が存在します。
これらの禁忌事項は破ってしまうと体の健康状態に大きなダメージを与えてしまう可能性がありますので、バイアグラを服用する予定のある方は必ず確認しておきましょう。

バイアグラとの併用が禁忌とされている薬


バイアグラには併用が禁忌とされている薬が数多く存在します。
例えば代表的な禁忌薬としてあるのは高血圧の人によく処方されるニトログリセリンなどが入った降圧剤です。

実はバイアグラは服用することによって体中の血管が大きく広がり、それに伴って血圧が下がるようになっています。
そのため元々血圧が下がるように作られている降圧剤と併用すると過度に血圧が下がってしまい、危険な状況に陥ることが考えられるのです。
そのため、降圧剤を服用している人には基本的にはバイアグラは処方されないようになっていますので、間違っても併用しないように注意してください。

ちなみに降圧剤や他の禁忌とされている薬剤の種類はゆうに100種類を超えます。
医学の知識を持たない人が判断すると間違ってしまう可能性がありますので、併用が可能かどうかは必ず医師に確認をとるようにしましょう。

バイアグラの服用が禁忌とされている人


バイアグラというED治療薬は服用する行為そのものが禁忌とされている人がいます。
例えば、心臓の血管に関連する障害を持っている方や低血圧だと判断された人、過去6ヶ月以内に脳梗塞や心筋梗塞などの症状が起きてしまった人などです。

これらの人はいずれの場合もバイアグラを服用してしまうと健康状態に大きな悪影響を与えてしまうと考えられているため服用そのものが禁忌とされています。
ちなみに服用そのものが禁忌とされている人も薬と同様に個人では判断しづらいため、安全のためにも自分勝手に判断せず、必ず病院に行き医師にチェックしてもらうようにしてください。

バイアグラを個人輸入で購入することは禁忌事項を破りやすいので注意


現在、バイアグラは日本国内で病院に行くことなく海外から個人輸入で購入することができます。
また個人輸入するとバイアグラを比較的安い値段で手に入れることができるといったメリット等もあります。

しかし、個人輸入でバイアグラを購入し利用するということは、個人的な判断となりここまで解説してきたような禁忌事項を破ってしまうリスクもあるのです。

そのため、個人用でバイアグラを購入し利用しようとしている方は可能であれば事前に医者に服用してもいいかどうか相談してみることをお勧めいたします。

バイアグラが効かない場合

バイアグラが効かない場合

バイアグラが効かない場合の対処法について


勃起不全という症状に悩んでいる方の中にはED治療薬のバイアグラを飲んでも、なかなかその効果が感じられない人がいると言われています。
そんなバイアグラが効かない場合にはいくつかの対処法があるのです。

対処法その1.服用する時は完全に空腹状態にしておく


バイアグラの有効成分シルデナフィルは、お腹の中に食べ物が残った状態で体内に入れてしまうと、食べ物に邪魔されてしまい、吸収がうまく行われません。
そして成分がうまく吸収されないということは、当然その成分によって起こされる効果も減るということなのです。

実際、食事がお腹の中に残った状態で服用している人のほとんどの方はバイアグラが効かない状態になると言われていますので、心当たりがある方は服用の際には必ず完全な空腹状態にするよう心がけてみてください。

ちなみにバイアグラを服用する際に牛乳で飲んでしまうと、食べ物と同じように、有効成分の吸収を阻害してしまう可能性があります。
そのため飲み物にも気を遣い、可能であれば水などの影響が少ない飲み物を使うようにしましょう。

対処法その2. 服用するタイミングをしっかりと考える


一般的にバイアグラは服用してから約1時間で、その効果が強く表れると言われています。
そのためいくら空腹時でバイアグラを服用したとしても、効果が出るタイミングと性行為時のタイミングが合わないとその効果を十分に感じ取ることができなくなるのです。

もしこれまでに服用タイミングについてあまり考えていなかったということは、ぜひこれを機に性行為の1時間前を目安にバイアグラを服用してみてください。

対処法その3.バイアグラ以外のED治療薬を使ってみる


体質によってはバイアグラを飲んだとしてもなかなか勃起状態に持ち込むことができない人もいると言われています。
これは有効成分と体質が合わないことが理由として考えられます。
そのため完全な空腹時に服用したり、しっかりとタイミングを計って服用しているにもかかわらずバイアグラが効かないと言う場合には、シアリスやレビトラなどといった他のED治療薬を試してみてください。

ただし、場合によっては体の健康状態や持病などが原因でバイアグラが効かなくなっている可能性もありますので、どうしても原因が分からない時には必ず医師に相談し体をチェックしてもらうようにしましょう。

バイアグラの効能

バイアグラの効能

バイアグラの効能などについては勘違いをしている人が多い


ED治療薬のバイアグラは日本国内では認知度は非常に高いと言えますが、その効果や効能は勘違いしている人が多いとも言われています。

今回はバイアグラの効能について正確な情報を解説しますので、バイアグラを飲む予定のある方は間違えた利用方法しないようにしっかりと確認しておきましょう。

バイアグラの効果効能について


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが配合されています。
この種類のファイルは薬として体内に取り込み、吸収されると陰部周辺の血管を大きく広げ、血流を良くする作用を引き起こします。
男性の勃起という症状は基本的に陰部に血液が流れ込むことによって起きるようになっているため、シルデナフィルの作用で陰部周辺血流が良くなると当然勃起がしやすい状況になるのです。
そしてこの勃起がしやすい状況になるということこそがこのバイアグラの効能なのです。

ちなみに、中にはバイアグラを飲むと性的な興奮を覚えたり、性欲が増強されると考えていたり、飲むだけで勝手に勃起してしまうと考える人が少なくありません。
しかし、バイアグラはあくまでも勃起がしやすい状況を作り出すという効能しかなく、性的な興奮を自ら感じなければ勃起しませんので、勘違いしないように注意してください。

バイアグラの効能をより引き出すために


勃起しやすい状況を作るというバイアグラの効能をより引き出すためにはいくつかのポイントが存在します。

1つ目のポイントはバイアグラを空腹時に飲むということです。
実はバイアグラの有効成分は胃の中に食事などが残っていると吸収が邪魔されてしまい、100%の力を発現させることができなくなってしまうことがあるのです。
そのため確実に効果を得たいと考えている方はなるべく空腹状態でバイアグラを飲むようにするべきです。

そして2つ目のポイントはバイアグラを服用するタイミングを性行為に合わせるということです。
バイアグラは即効性はありますが、空腹時に飲んだとしても強い効果を得られるまでには最低でも1時間ほど必要とします。
そのため性行為のタイミングに合わせて服用しないと、行為中にその効果を最大限に感じることができないこともあるのです。
ですので、バイアグラの効果を十分引き出したいのであれば、服用のタイミングについてもしっかりと注意するようにしましょう。

バイアグラの勃起硬度と即効性

バイアグラの勃起硬度と即効性

バイアグラを服用した場合の勃起硬度や即効性について


現在、ED治療薬は数多くの種類がありますが、その中でも特に有名なバイアグラは他のED治療薬と比べて勃起硬度や即効性について特徴があります。

バイアグラを服用した場合の勃起硬度


バイアグラは勃起不全という症状を改善するための作用を持つ有効成分シルデナフィルが配合されています。
このシルデナフィルという成分は体内に取り込むと陰茎周辺の血行をよくし、血液をより多く運べるようにすることで勃起しやすい状況を作り出すことができます。
そのためバイアグラを服用すると、一般的に服用しない場合と比べて勃起の硬度がはるかに向上すると言われているのです。

ちなみにED治療薬にはシアリスというものもありますが、バイアグラはシアリスと比べてより勃起させるための効果が強力に出ると言われています。
そのため勃起の硬度を求めている方はシアリスよりもバイアグラを選ぶと良いと言えるでしょう。

バイアグラを服用した場合の即効性について


バイアグラの有効成分シルデナフィルは空腹時に服用すると吸収が効率的に行われ、約1時間ほどで効果が強く出るようになると言われています。
この効果が出るまでの時間については、ED治療薬の中でも早いほうに分類されると言われていますので、即効性を求めている人にはバイアグラは選択肢の一つとして検討する価値は十分にあると言えます。
ただし、人によって体質が違うため効果が出るまでの時間が1時間以上かかることもありますので、その点については注意が必要でしょう。

バイアグラよりもレベルの高い勃起硬度や即効性を求めている場合


バイアグラはED治療薬の中でも勃起の硬度や即効性については、上位に位置しますが、現在ではバイアグラよりもより高い勃起硬度や即効性を実現できるED治療薬があります。

それはレビトラというED治療薬です。

このレビトラというED治療薬は、わずか20mgの有効成分が配合されているものでもバイアグラ100mgに相当する効果が期待できると言われているほど強力なED治療薬となります。
また即効性についても空腹時に服用すれば僅か20分程でその効果を感じることができるほどレベルの高いED治療薬となっているのです。

このようにバイアグラよりも即効性のある治療薬などはありますが、体質によっては合わない人もいると言われていますので、興味があるかたは一度医師に相談して使えるかどうか確認してみると良いでしょう。

バイアグラと降圧剤は併用できません

バイアグラと降圧剤は併用できません

降圧剤を服用している方はバイアグラの服用禁止


高血圧などの病気を患っていて、普段から降圧剤を服用している方は基本的にバイアグラを服用することは禁止されています。
現在では病院に行かずに個人輸入などでバイアグラを購入することはできますが、降圧剤を服用している方は間違ってもバイアグラを購入して服用してはいけません。

バイアグラと降圧剤の併用が禁止される理由


降圧剤を服用している方にバイアグラの利用が禁止されている理由はお互いの持つ作用が重なっていることにあります。

降圧剤は文字通り血圧を下げる作用のある薬ですが、バイアグラも全身の血管を広げることによって血圧を下げる作用があると言われています。
そのためこの血圧を下げる作用のある2つの薬を同時に服用してしまうと異常値レベルまで血圧が下がってしまい危険な状況に落ちることがあるのです。

具体的にどのような症状が起こるのかというと、めまいや失神、場合によっては死亡してしまうケースもあると言われています。
このように明らかに降圧剤と言うバイアグラの併用は危険なので、禁止されているわけです。

バイアグラ以外のED治療薬も基本的には降圧剤との併用禁止


ED治療薬にはバイアグラ以外にも、レビトラやシアリスなどの種類がありますが、基本的にはどれも降圧剤との併用は禁止されています。
バイアグラと同様に併用してしまうと血圧が非常に下がってしまうことが併用が禁止されている理由となっていますので、バイアグラが禁止されているからといって勝手に他のED治療薬を飲まないようにしましょう。

降圧剤以外にもバイアグラとの併用が禁止されている薬などがある


降圧剤を服用することにより血圧が下がるため、バイアグラとの併用が禁止されていますが、降圧剤外でも併用禁止の薬は数多く存在します。

また併用は禁止されてないものの併用に注意をする必要がある薬などがあります。
例えば、CYP3A4阻害薬などとバイアグラを併用してしまうと阻害薬の方の効果が強く出てしまい体に悪い影響を与えてしまうことがあるので、該当する薬を利用している方はバイアグラとの併用の際には注意をする必要があるのです。

ちなみにバイアグラとの併用が禁止されている薬や注意が必要な薬の種類はどちらも合わせると100種類以上となり、素人では判断できません。
そのためバイアグラを服用したいと考えている方は、日常的に服用している薬を医師に見せてバイアグラとの併用が可能かどうかチェックしてもらうと良いでしょう。

バイアグラで遅漏に?

バイアグラで遅漏に?

バイアグラで遅漏になるのか


ED治療薬として処方されるバイアグラという薬には、射精するまでの時間が長くなる遅漏効果があるのか気になっている人が多いと言われています。
しかしバイアグラは基本的には遅漏になるような効果はないと考えられているのです。

バイアグラの服用で遅漏にはならない理由


バイアグラに含まれている有効成分のシルデナフィルは、体に吸収されると血管を大きく広げ、血流をよくする作用があり、その作用によって勃起をサポートすることができます。
しかし、あくまでも血流を良くするだけであり、それにプラスして遅漏になるような効果は出ないのです。
そのため基本的にはバイアグラを飲んだからといって、遅漏になるとは考えない方が良いでしょう。

場合によってはバイアグラの服用で遅漏になることもある


基本的にはバイアグラで遅漏になることはありませんが、場合によっては遅漏になることもあるのです。
例えば、バイアグラを飲んだ事によってしっかりと勃起するという安心感や自信がみなぎるなどの精神的にリラックスすることができることによって射精をコントロールすることができるようになることがあります。
またバイアグラを飲み、強い勃起状態を維持することによって、外部からの刺激にも強くなり結果的に遅漏になることもあると言われています。

このようにバイアグラを飲むことによって間接的に遅漏になることもあると言われていますが、これらのケースというのはいずれも科学的な研究などによって証明されているものではありませんので、あくまでもそういったケースもあるという認識でいるだけにしておくとよいでしょう。

バイアグラ以外のED治療薬でも遅漏になるのが確認されたケースもある


ED治療薬にはバイアグラ以外にもシアリスなどがありますが、その中でもレビトラは特に射精を遅らせる効果がある可能性が高いと考えられています。
そのためED治療薬を利用し勃起をさせつつも、遅漏効果を得たいと考えている方は100%遅漏効果があるというわけではありませんが、バイアグラではなく、レビトラを使用することも一つの選択肢として検討すると良いでしょう。
ただしバイアグラやレビトラはどちらも医薬品であるため、個人の判断で勝手に使用する事は絶対にせずに、必ず医師に相談して許可をもらってから服用するようにしてください。

バイアグラと飲酒の影響

バイアグラと飲酒の影響

バイアグラと飲酒の意外な関係性について


ED治療薬でもあるバイアグラを飲む時には飲酒をしている、もしくは飲酒をしなければならないシチュエーションが多いです。
一般的には薬はアルコールなどと一緒に飲んではいけないと言われていますが、実はバイアグラの場合は例外なのです。

バイアグラの有効成分は飲酒に影響を受けない


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが配合されていますが、この成分はお酒に含まれているアルコールには科学的には反応しないようになっています。
そのため、一般的な薬とは違ってバイアグラはアルコールと併用しても問題ないと言われているのです。

また飲酒の影響を受けないどころか、場合によっては良い影響を生み出すこともあります。
例えば性行為時に緊張してしまうと勃起しづらくなるといったような、いわゆる心因性のEDの方であれば、飲酒することにより精神的にリラックスすることができ、結果的にバイアグラの効果をより引き出すことができることもあるのです。

このように飲酒という行為にはバイアグラの服用には悪い影響与えず、むしろ良い影響を与えることがあるので、普段の服用の際には飲酒については特に気にする必要はないと言えるでしょう。

飲酒しすぎてしまうことには注意が必要


飲酒をすることはバイアグラの服用に良い影響を与えることがありますが、泥酔するまで飲み過ぎてしまった場合には話が変わります。

なぜならアルコールを飲みすぎてしまい、異常なレベルにまで酔っ払ってしまうと勃起に必要な神経などが麻痺してしまってバイアグラを飲んだとしてもうまく勃起できなくなってしまうことがあるからです。
またそれだけでなくバイアグラを飲むと血管が大きく広がり酔いが回りやすい状態になるため、飲みすぎてしまうと急性アルコール中毒になってしまう可能性も考えられます。

このように度を超える飲酒の場合にはバイアグラの服用に大きな悪影響を与えることがありますので、確実に効果を得たいのであればあくまでも適度な飲酒をするようにしましょう。

他のED治療薬にはアルコールの影響をより受けづらいものがある


バイアグラの他にも、レビトラやシアリスなどといったED治療薬がありますが、その中でもシアリスはバイアグラよりもさらにアルコールや食事の影響を受けづらい性質を持つと言われています。
そのためバイアグラとお酒を併用して効果が感じられなかったという経験をお持ちの方は専門の病院に行ってシアリスを服用することできないか医師に相談してみると良いでしょう。

バイアグラの成分シルデナフィルとは

バイアグラの成分シルデナフィルとは

バイアグラの有効成分シルデナフィルについて


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが配合されています。
これからバイアグラ、もしくはジェネリックのバイアグラを利用する予定のある方は、安全のためにもこの有効成分のシルデナフィルについては事前にしっかりと学んでおくべきでしょう。

バイアグラの成分シルデナフィルは狭心症の薬に使われていた


バイアグラの有効成分シルデナフィルは、初めからED治療を目的として開発された成分ではありません。
実は初めはアメリカで狭心症の治療薬として開発され、研究が行われていたのです。
しかし研究が行われた結果、狭心症の治療薬としての効果は満足するほどのものではなく、研究は途中で止められることになりました。
ところが研究が中止される際に薬の被験者の方から勃起をサポートする効果があると報告があり、今度はその効果を利用して現在のED治療薬が開発されたのです。

バイアグラの成分シルデナフィルの効果や副作用について


シルデナフィルという有効成分は、摂取すると陰茎の周りの血管を大きく広げ、血流をよくする作用が働きます。
その結果、勃起に必要な分の血流が確保されED治療薬としての勃起のサポートの効果が発現するのです。
ただしシルデナフィルの効果はあくまでも勃起のサポートのみであり、性欲を増大させるなどといった効果はありません。
勘違いしている人が多くいると言われていますので注意してください。

またシルデナフィルを体内に取り込むと、勃起をサポートする作用が発現するのと同時にほとんどの方に副作用が現れます。
具体的には9割ほどの方に軽い頭痛や顔のほてり、鼻づまりなどが起こるとされているのです。
ただこれらの副作用については血管が拡張されることによって起きる自然な現象であり、特に大きな健康被害をもたらすものではないので基本的には薬が効いている証拠だと考えておけば良いと言われています。

シルデナフィルの量や薬の併用には注意が必要


バイアグラには種類によって配合されているシルデナフィルの量が変わります。
中には多めにシルデナフィルが配合されているバイアグラを飲んでしまうと、副作用が大きく出てしまい性行為どころではなくなる状況に陥ることもありますので注意が必要です。
また血圧が下がる薬などと併用してしまうと最悪の場合死亡してしまうケースもあると言われていますので、バイアグラを服用する前には必ず医師に利用しても良いか確認をとるようにしましょう。

バイアグラのジェネリックとは

バイアグラのジェネリックとは

バイアグラのジェネリックについて


バイアグラは2014年の5月に特許が切れたため、国内の製薬会社でも薬のジェネリック医薬品を作り販売することができるようになりました。
そのため現在では気軽に、そして安価にバイアグラのジェネリック薬品をEDに悩む人は利用できるようになっているのです。

バイアグラのジェネリック医薬品の効果


バイアグラのジェネリック薬品は元のバイアグラよりも価格が安いため、中には効果はあまりないのではないかと考えている人も多くいると言われています。
しかしバイアグラのジェネリック医薬品として、作られて販売されている薬は基本的に配合されている有効成分はバイアグラとシルデナフィルであるため、その効果は同じものが期待できるのです。
ただ効果は同じものが期待できると言われてはいますが、ジェネリック薬品の場合、オリジナルのものと同じ製法で作られているわけではありませんので、必ずしも同じような効果の現れ方ができるとは限らないので注意が必要でしょう。

バイアグラのジェネリックの副作用について


バイアグラのジェネリック薬品の副作用については、先ごろ解説した効果と同じく基本的にはオリジナルのバイアグラとほとんど同じです。
具体的には軽い鼻づまりや頭痛、顔のほてりなどがあります。
これらの副作用に関してはオリジナルのバイアグラと同様に、基本的には薬が効いているというサインだと認識していれば良いと言われていますので特に心配する必要はないでしょう。
しかし、万が一これらの副作用が長時間治まらなかったり、あまりにも強く出てしまった時には安全のために早めに病院に行き検査をしてもらうようにしてください。

バイアグラのジェネリックを入手する際の注意点


バイアグラのジェネリック医薬品は現在国内にあるED専門の医療機関などで受診をすれば処方してもらえます。
そしてそういった医療機関等で受診して処方してもらっているのであれば、基本的には安全なのですが、個人輸入でジェネリック医薬品を入手する際には注意してください。
なぜなら海外から個人輸入をする場合には偽物が届いてしまい、最悪のケースでは健康状態に大きなダメージを与えることがあったりするからです。
個人輸入をすれば国内で診察をして処方してもらうよりも費用を抑えることはできますが、それなりにデメリットも存在しますので、個人輸入をする際には慎重に行うようにしましょう。

バイアグラは空腹時が効果的

バイアグラは空腹時が効果的

バイアグラを効果的に摂取するヒントは空腹時にあり


ED治療薬として最も有名な薬の1つがバイアグラですが、このバイアグラを効果的に摂取するためには実は空腹時というものがヒントとなります。
これからED治療薬としてバイアグラを飲もうと考えている方はぜひその理由や注意点などについてチェックしてみてください。

バイアグラは空腹時の服用が推奨される理由


基本的にバイアグラを効果的に摂取するためには空腹時の服用が推奨されていますが、その理由はバイアグラの有効成分の吸収率にあります。

実はバイアグラには有効成分としてシルデナフィルというものが配合されていますが、食後の場合だと食べ物がこのシルデナフィルの吸収を邪魔してしまい本来期待されている効果が出なくなってしまいます。
そのためバイアグラの持つ効果を最大限に引き出すためには、有効成分であるシルデナフィルを吸収しやすい空腹時に服用することが推奨されているというわけなのです。

バイアグラに効果的だと言われる空腹時の定義


バイアグラは空腹時に服用すると効果的なのですが、空腹時と一言でいってもその定義は様々なものがあります。
しかし、基本的には食事を食べてから最低でも2時間以上あければ、効果的にバイアグラを摂取できる空腹状態になっていると考えればよいとされています。
そのためどのような状態が空腹時なのか判断に迷う方は食後2時間を一つの目安として考えておくと良いでしょう。
ただし、より確実さを求める場合には可能であれは2時間以上時間を空けて完全な空腹状態を作ってからバイアグラを服用することをお勧めいたします。

バイアグラは服用1時間後に効果が強く出るのでタイミングにも注意


バイアグラは空腹時に飲むと有効成分がよく吸収されますが、服用の際にはそのタイミングにも注意する必要があります。
なぜなら、バイアグラを飲んでから効果が出るまでの時間は飲んでから大体1時間後とされているため、空腹時だからと性行為の1時間以上前に飲んでしまうとバイアグラの効果を行為中に感じることができなくなるからです。
ただしバイアグラを飲んでから効果が出るまでの時間は体質によっても変わると言われていますので、1時間はあくまでも初めての服用の際の目安としておき、2回目以降は1回目で確認できた時間を服用のタイミングとして利用すると良いでしょう。

バイアグラの飲酒による影響

バイアグラの飲酒による影響

バイアグラと飲酒の意外な関係性について


ED治療薬でもあるバイアグラを飲む時には飲酒をしている、もしくは飲酒をしなければならないシチュエーションが多いです。
一般的には薬はアルコールなどと一緒に飲んではいけないと言われていますが、実はバイアグラの場合は例外なのです。

バイアグラの有効成分は飲酒に影響を受けない


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが配合されていますが、この成分はお酒に含まれているアルコールには科学的には反応しないようになっています。
そのため、一般的な薬とは違ってバイアグラはアルコールと併用しても問題ないと言われているのです。

また飲酒の影響を受けないどころか、場合によっては良い影響を生み出すこともあります。
例えば性行為時に緊張してしまうと勃起しづらくなるといったような、いわゆる心因性のEDの方であれば、飲酒することにより精神的にリラックスすることができ、結果的にバイアグラの効果をより引き出すことができることもあるのです。

このように飲酒という行為にはバイアグラの服用には悪い影響与えず、むしろ良い影響を与えることがあるので、普段の服用の際には飲酒については特に気にする必要はないと言えるでしょう。

飲酒しすぎてしまうことには注意が必要


飲酒をすることはバイアグラの服用に良い影響を与えることがありますが、泥酔するまで飲み過ぎてしまった場合には話が変わります。

なぜならアルコールを飲みすぎてしまい、異常なレベルにまで酔っ払ってしまうと勃起に必要な神経などが麻痺してしまってバイアグラを飲んだとしてもうまく勃起できなくなってしまうことがあるからです。
またそれだけでなくバイアグラを飲むと血管が大きく広がり酔いが回りやすい状態になるため、飲みすぎてしまうと急性アルコール中毒になってしまう可能性も考えられます。

このように度を超える飲酒の場合にはバイアグラの服用に大きな悪影響を与えることがありますので、確実に効果を得たいのであればあくまでも適度な飲酒をするようにしましょう。

他のED治療薬にはアルコールの影響をより受けづらいものがある


バイアグラの他にも、レビトラやシアリスなどといったED治療薬がありますが、その中でもシアリスはバイアグラよりもさらにアルコールや食事の影響を受けづらい性質を持つと言われています。
そのためバイアグラとお酒を併用して効果が感じられなかったという経験をお持ちの方は専門の病院に行ってシアリスを服用することできないか医師に相談してみると良いでしょう。